食文化

食あるある

出て来れば宴会終了の合図‼︎白酒地獄から解放される果物とは?

中国に来てから数年間は、酒の席が苦痛で仕方がなかったのである。もちろん、今でも嫌いなのだが、無意味ではない様な感覚である。ではなぜ以前は苦痛だったのか!? その大きな要因は、真の交流が出来なかった事だろう。作法はそれなりに覚えて、粗相(そそう)が無い様に振舞える様にはなっていたが、一番は自分の言葉で交流出来ない事である。
食あるある

中国食文化を知っていますか?円卓によく合う回転テーブルの意外な事実‼︎

円卓が中国で普及した歴史は、清朝末期から中華民国期、20世紀初頭と浅く、もともと円卓は8人で囲む「八仙桌子(バーシィェンヂュオズ)」を基本としていた。そして、円卓とセットで中国発祥と思われがちな回転テーブルだが、実は意外な国が発祥であった。
酒あるある

白酒なんて無くなればいいのに・・・されど白酒は歓迎の証・・・

白酒(バイジョウ)の醸造方法や、種類などを解説。お酒の席で、白酒を飲まされるのが嫌いな筆者であるが、白酒はとても高価なお酒であり、歓迎のお酒である事を知る。そういった背景を知った上での対応を心がけようと誓う内容である。
酒あるある

中国酒文化を知っていますか?「お酒は1人で飲まない」のが暗黙のルール

中国でのビジネスでは、必要不可欠な酒の席。中国人と酒を酌み交わす時には暗黙のルールが多い。そのうちの一つが、「酒は一人では飲まない」である。この作法を守りながら、うまく中国での酒の席の乗り越え方を実体験を通じて紹介する。
食あるある

食べきれない料理に高価なお酒‼日本人には「もったいない」だが真相はいかに⁉

酒の席もビジネスの一環として考える中国。ここでの振る舞いが相手との距離を詰めるチャンスとばかりに、高価なお酒や余るほどの料理を振る舞う。この行動の裏側に潜む真実とは?筆者の実体験を通じて分析・解説してゆく。
スポンサーリンク