酒あるある

酒あるある

中国 駐在員必見‼︎ 私の白酒対策を伝授しよう‼ 『肉を切らして天命を待つ』

中国でビジネスをしてゆく以上、お酒の席は切っても切れない。中でも白酒(バイジョウ)は高額で面子も立ち、短時間で酔わせて本音を聞き出す雰囲気を作り出す最高のツールなのでどうしても避けては通れない。そこで私が長年かけて開発した白酒対策を伝授しようと思う。
酒あるある

中国の地獄絵図とは!? 私の場合はこれだ!!

みなさんの地獄絵図とはどういうものだろうか!? 中国といえばマナーも悪く、治安も悪いだろうと想定する方々が多いだろうが、実は非常に安全で日本と遜色がないのである。そんな中国で筆者が感じる地獄絵図とは一体何なのだろう!? 中国経験者ならお分かりになるだろう。
酒あるある

下戸の酒弱中国人に『白酒対策』を教えて貰った‼︎ 起死回生なるか⁉︎

お酒の弱い中国人に「白酒対策」を教えてもらった。これが本当に良い対策であれば、中国での生活が劇的に改善されるのは間違いない。早速実践に移す時が来たのだが…。事態は予想だにしない展開となる。「酒の席ルールのまとめ」もあり、下戸の方や中国で仕事で訪中される方は必見である。
酒あるある

人生初の3日酔い ほろ苦い中国デビュー

中国語が喋れなくて、コミュニケーションも取れない、酒の席の作法も知らない中、60〜70名の大きな会議に出席する。白酒を浴びるくらい飲まされ、人生初の3日酔いを体験する。ほろ苦い中国デビューとなったが、中国語のモチベーションとなったのは確かである。
酒あるある

中国酒文化を知っていますか?酒の席こそビジネスチャンス‼

中国では酒の席は最大のビジネスチャンスである。最大限相手を歓迎し、余るほどの料理や高価なお酒を振る舞う。しかし、その真意はまた別のところにある。中国人のお酒の席に対する捉え方を筆者の経験から推測し、安易にお酒に飲まれることは避けた方が良いという警告でもある。
酒あるある

中国酒文化を知っていますか?酒持ち込みOK‼︎今夜は赤?白?黄?

中国でビジネスをしている以上、酒の席は避けて通れない。出張で市場を回り、夕方に業務を終えると、大体は会食しようという話になる。毎回、かなり強めのお断りを入れるのだが、それでも連れていかれるのが普通である基本的に飲まされるのが分かっているので、避けて通りたいのが本音である。
酒あるある

中国酒文化を知っていますか? 本当は恐ろしい理由だった‼ 乾杯の作法

日本でも普通に行われている『乾杯』であるが、中国語では『干杯:ガンベイ』といい、干(ガン:飲み干す)、杯子(ベイズ:コップ)をという意味となり、『入っているお酒を全て飲み干す』という意味となる。つまり、中国で言う『乾杯』は日本で言うと『お互い一気に飲み干す』となる。
食あるある

出て来れば宴会終了の合図‼︎白酒地獄から解放される果物とは?

中国に来てから数年間は、酒の席が苦痛で仕方がなかったのである。もちろん、今でも嫌いなのだが、無意味ではない様な感覚である。ではなぜ以前は苦痛だったのか!? その大きな要因は、真の交流が出来なかった事だろう。作法はそれなりに覚えて、粗相(そそう)が無い様に振舞える様にはなっていたが、一番は自分の言葉で交流出来ない事である。
食あるある

中国食文化を知っていますか?円卓によく合う回転テーブルの意外な事実‼︎

円卓が中国で普及した歴史は、清朝末期から中華民国期、20世紀初頭と浅く、もともと円卓は8人で囲む「八仙桌子(バーシィェンヂュオズ)」を基本としていた。そして、円卓とセットで中国発祥と思われがちな回転テーブルだが、実は意外な国が発祥であった。
酒あるある

白酒なんて無くなればいいのに・・・されど白酒は歓迎の証・・・

白酒(バイジョウ)の醸造方法や、種類などを解説。お酒の席で、白酒を飲まされるのが嫌いな筆者であるが、白酒はとても高価なお酒であり、歓迎のお酒である事を知る。そういった背景を知った上での対応を心がけようと誓う内容である。
酒あるある

中国酒文化を知っていますか?「お酒は1人で飲まない」のが暗黙のルール

中国でのビジネスでは、必要不可欠な酒の席。中国人と酒を酌み交わす時には暗黙のルールが多い。そのうちの一つが、「酒は一人では飲まない」である。この作法を守りながら、うまく中国での酒の席の乗り越え方を実体験を通じて紹介する。
会社あるある

ある手土産に現地社長から衝撃の一言!『これが〇〇した後美味いんや~‼︎』

中国駐在前の出張で初めて中国に降り立った時の話である。何気ない現地の社長との会話の中で、中国酒文化に関する衝撃の事実を知る事となる。中国の事は全く知らず、言葉も、文化も、風習も知らなかったが数ヶ月後には痛感する事となる。
スポンサーリンク