根底思想

経済

『フワちゃんを見てどう感じるか?』が中国ビジネスで活路を見出す

『フワちゃんを見てどう感じるか?』あなたのグローバル度が試される質問です。島国単一民族国家で生まれた日本の美徳であるが、多民族国家の中国や世界で通用するであろうか?中国でビジネスの成功を収めるには、どうすればよいのだろうか?筆者の経験から手掛かりを探る。
根底思想

中国でルールを遵守させる超簡単な方法とは⁉︎

会社の細かなルールは圧倒的に守られない中国。その深層心理とは何か?また、北風と太陽のイソップ童話における人材育成の思想は、中国的にはどちらが有効なのだろうか?筆者の経験から、彼らの受けて来た教育や社会的背景も踏まえて解説している内容である。
根底思想

中国 人材育成のリアル 日本人はお人好し過ぎなのか!?

転職天国の中国で、人材育成の課題は永遠のテーマである。長年手塩にかけて育てたスタッフに辞められて怒る日本人。転職を喜ぶ中国人の違いとは何か!? 日本人の人材教育に関する考え方は、世界基準と比較した時に、実際はどう写るのだろうか!?
根底思想

中国にイノベーターなんているの⁉︎ 玉石混交下での護身術とは!?

中国は玉石混交(石も宝石も混ざっている状態)の社会で、本物も偽物も入り混じっており、何を摑まされるか分からない状況と常に隣り合わせである。この状況の中で、消費行動価値観で区分した調査を実施した結果、驚くべき中国の特徴があぶり出されるのである。
根底思想

中国の『我先に‼︎』身勝手な競争文化はどこから生まれたのか!?

中国は社会主義でもなく、資本主義でもない独特の文化の環境下で、『我先に』という他人の迷惑を顧みず、他人を蹴落としてでも、自分の利益を第一優先する競争文化はどこから生まれたのだろうか⁉︎中国の歴史から紐解く内容である。
びっくり常識

中国びっくり常識!? 決定的に違う幼少期の過ごし方

中国人と日本人の根底思想の違いの原点は、『幼少期の過ごし方の違い』にあるのでは?という結論にたどり着く。普段の生活や仕事での経験を通じて、暴かれる中国の驚くべき幼少期の過ごし方とは?日本人では到底考えられない中国の現実を如実に綴られている内容である。
独り言

MarketingとBrandingは、左脳と右脳で分けて考えると、とてもスッキリする話

中国でMarketing講師を務める筆者の実際の体験談を通じて辿り着いたMarketing自論である。何事も左脳と右脳思考で考えると、驚くほどにスッキリ見えてくる事に驚くだろう。絵に描いた餅ではなく、現場間漂うMarketingであり、悩んでいる人にはピッタリの記事である。
根底思想

商売上手な中国人に、日本で唯一対抗できるのは名◯屋人ではないか!?

私は大阪出身なので、俗にゆう関西人であり、物を買う時に値切る事になんのためらいも、恥じらいもない。関西人は『良い商品を安く買う事』が自慢になるのである。これが当たり前と思っていたが、関東圏では値切る事が出来ないらしい。
根底思想

『面子』は便利な言葉では無かった!!全ての行動の根幹では!?

中国に来る前、『中国人は面子を重んじる』という言葉をよく聞いていたが、都合のいい便利な言葉としか思っていなかった。長く中国に住む様になり、中国人の面子の意味が分かり始めると、仕事も付き合いもどんどん変わってゆく様を実例付きで説明している。
根底思想

本当は気遣いの達人では!?はっきり、すっきり区別している人間関係

日本に旅行に来る中国人はとてもマナーが悪い印象。一方で、現地でビジネスを通じて、接する彼らはとても気遣いに溢れている。どちらが本当か⁉︎はたまた、何か要因があるのだろうか?その要因となる事実を、実体験を通じて綴っています。
スポンサーリンク